あなたの強み、思いを伝えよう

腕組みの男性

まずベンチャー企業とは過去大手企業で業務をおこない、その流れで会社を設立、独立した方、企業が多いです。
いきなり畑違いの仕事をやって成功したというのはあまり例は少ないでしょう。
特にIT企業でしたら、プログラミングやCADなどのソフトウェア開発から、ハードウェア保守、環境構築など幅広いものです。
もしもこのようなIT関連のベンチャー企業で就活をされるのでしたら、それなりの覚悟が必要な事は認識しておいてください。
一般大手企業のように甘いものではありません。
中小企業になりますので、企業も生き残りに必死です。
ブランドでやっていくのではなく、旬なオリジナルの技術、知識が武器なのです。
ですから求人も即戦力が求められます。
また、ベンチャー企業は他大勢に流されず、己の意思と覚悟で会社を設立された方が経営者になっておられる事がほとんどです。

こうしたところで大事な要素は、下記のような事柄が当てはまることでしょう。
「戦力としてやっていきたいんだ。自分はこう思うんだ。こうやっていきたいんだ。」
という意思表示をする事が非常に重要です。
そのような人材を求められます。
公務員のような上辺だけの教科書に書いてあるような表現ではまず採用されないでしょう。
利益に直結できるかどうか、今後の会社にとって必要か否かをシビアに判断されます。
IT業界へ就活されるなら、まずは自分の強み、何ができるのか、どのくらいのレベルでやれるのか具体的にアピールしましょう。
資格などを取得されておられるのならば非常に有利になるでしょう。
中途採用ならば過去実務についての経歴等も参考にされます。
中途採用の方は特に実務経験は重視される傾向にあります。
初めての就活でしたら知識以上に思いや協調性、人間性を重視されます。
長期的にみて会社にとって有益である人材か、採用する価値があるのかを判断されるでしょう。
会社は組織で運営し、利益を上げねばなりません。
いかに知識があっても最終的には人間性を見られます。
時代の先端であるITベンチャー企業とはいえ、中小企業は社員同士がお互いを支えあいながらでなけらば成り立たないのです。

オススメリンク

人差し指を立てる男性

成長が期待できる

就活は学生にとってとても大切なものであると言えます。
高校生や大学生は将来を決定づける可能性もありますので、非常に慎重に行う事が近年では増えています。
バブル崩壊後の一時期は就職氷河期と呼ばれ、就活を行っても全く就職が...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031